コンクリート・建材・全ての構造物を長寿命化!

RCGインナーシールの特徴

RCGインナーシールの特徴

マイクロフィラー効果

主成分(けい酸塩)の粒子がセメント水和物の間に入り込んで、シリカヒュームがより大きい粒子の間隙を充てんするこによってコンクリートの組織を緻密化する効果がある。

ポゾラン反応

セメントの水和物と主成分の粒子コロイドが反応して安定した物質を生成する。

rcg_mm02

細孔構造

RCGインナーシールの集まり自体が多孔質構造体(粒子間が細孔となる多孔体)となることで、劣化因子に対して吸着性をもった構造体になります。
50nmより大きいマクロ細孔を2~50nmのメソ細孔に変化させる。
rcg_mm03

拡散電気二重層

主成分の粒子コロイドがイオンによって帯電することで、コンクリート表層部が改質され、劣化因子の侵入が抑制される。
rcg09

 コロイド粒子独自の4つの保護作用によって、コンクリート表層部が改質され、劣化因子の浸入を抑制し、コンクリートを保護し長寿命化する従来にない画期的な工法です。 

試験データ

試験方法:土木学会基準 JSCE-K571
試験体:モルタル基板 JSCE-F505準拠 水セメント比50%、砂セメント比3

評 価 項 目単位試験結果グレード
上記性能は、土木学会『 表面保護工法 設計施工指針(案) 工種別マニュアル編 P167 』より
透水に対する抵抗性透水抑制率%74
吸水性に対する抵抗性吸水抑制率%62
透湿性透湿比%85
中性化に対する抵抗性中性化抑制率%71
塩化物イオン浸透抵抗性イオン浸透抑制率%35

関係する指針

rcg_t04

RCGインナーシール荷姿

rcg_ni

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6447-0600 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © RCG JAPAN All Rights Reserved.