コンクリート・建材・全ての構造物を長寿命化!

RCインナーシール防水特徴

RCインナーシールメカニズム

(1)RCインナーシールが毛細管作用・拡散作用によってコンクリートの空隙・細孔の内部に浸透。
(2)主成分の粒子コロイドナトリウム・粒子コロイドカリウムが空隙・細孔を塞ぎ、コンクリート内部の水酸化カルシウムと反応し、C-S-Hゲルを形成。
(3)空隙・細孔の径を小さくして、有害孔から無害孔にします。
(4)水分や劣化因子を通さない緻密なコンクリートにします。
有害な毛細管や孔・クラックが塞がれ、 細孔溶液が減少し 劣化因子の侵入を抑制し防水・劣化保護層を形成する事によりコンクリートを長寿命化します。(*細孔溶液の減少  水酸化カルシウム水溶液とRCインナーシールが反応してC-S-Hゲルに変化するため)
rc_mekanizumu2

(1)マイクロフィラー効果
(2)ポゾラン反応
(3)細孔構造
(4)拡散電気二重層
コロイド粒子独自の保護作用(1)~(4)によって、
コンクリート表層部が改質され水や劣化因子の浸入を抑制しさらなる防水・保護効果を高めます。
(詳しくはお問合せください)

RCインナーシール自己補修機能

 クラック自己補修機能による長期間にわたる防水・劣化防止効果を発揮! 

このシステムの特長は主成分の粒子コロイド(ナトリウム、カリウムシリケート)がコンクリート内部に浸透し、細孔や空隙を埋め、水酸化カルシウムと反応しC-S-Hゲルを形成し防水・劣化保護層を形成します。
施工後に発生したクラック(0.2㎜以下)が発生した場合でも未反応のRCインナーシールと水酸化カルシウムと水により反応し自己補修能力が働き水の浸入を防ぎます。ただし同じ場所でのくり返しは追従出来ない場合もあります。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6447-0600 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © RCG JAPAN All Rights Reserved.