コンクリート・建材・全ての構造物を長寿命化!

RCGインナーシールα工法

  • HOME »
  • RCGインナーシールα工法

RCGインナーシールα(アルファ)工法とは

rcga001
既存のけい酸塩系表面含浸工法は無色・透明の液体材料で,施工後にコンクリート表面の外観が変わらない特徴を有する表面含浸材である。施工後もコンクリート表面を目視により点検することが可能なことから維持管理性に優れ,既存のけい酸塩系表面含浸工法が採用または検討される1 つの理由となっている。
しかし,無色・透明の液体材料であることから,施工時に行う施工範囲の確認は部分的に写真管理(濡れ色の確認)で行うしかなく,現場でも苦慮している。最近は発注者やコンサルタントから材料を着色することが可能か問われることも多くなってきた。
そこで、業界初!RCGインナーシールα(アルファ)工法(施工確認用退色性着色工法)を開発!
着色して施工時に行う施工範囲の確認を簡易にした上で,塗布後日数の経過につれて着色が退色し、コンクリート表面の外観が変わらない画期的な工法がRCGインナーシールα(アルファ)工法です。

RCGインナーシールα工法の特徴

◎工法は、着色することで施工状況及び施工範囲を目視で確認が可能。
◎施工確認後には、日光などの紫外線により数日で退色します
◎退色後は、コンクリート本来の色になります。

rcga002

RCGインナーシールα工法の荷姿

rcga003

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6447-0600 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © RCG JAPAN All Rights Reserved.